まつげに関する豆知識特集

ふきのとう 目元だけで人の印象はかなり変わります。高いコスメを使用しなくても、十分コンプレックスを無くし、異性から一目置かれる存在になれます。まずは、つけまつげ派の人も、自まつげだけの人も下地つくりは同じです、ここが一番大切なので端折らないようにしてください。透明なマスカラをまんべんなく2度塗りから3度塗りしてください。ここでは、角度を決めますので、あまり柔らかすぎると角度が付きません。そして、ビューラーで何度かに分けてあげてください。一気に根元からビューラーをかけると横から見たとき不自然な角度になってしまうので4回くらいに分けます。後から、黒や茶色のマスカラをする時、ビューラーを使わなくてよいようにしっかりあげます。透明なマスカラが完全に固まったら、白の繊維を全体に塗ります。これは、好みですがたくさんつけると、ボーリューミーになり軽くつけると凛とした印象になります。オフィスや学校用のメイクの時は軽くつけることをお勧めします。そして、繊維が半渇きの時に好きな色のマスカラをつけると自然になります。まだ、ボリュームや目の大きさが小さい人はつけまつげをつけ、なじませると自分の理想とする印象になりますので、お好みで調節してくださいね。これらで、アイシャドウをべっとりつけなくても、男性の好みの顔になります。メイクはポイントを押さえれば、簡単に手早くできますので、納得するまで何パターンも練習することをお勧めします。