‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

抜け毛予防成分のビタミンEを含む食材について

2014/12/16

シャンプーやブラッシングの度に、抜け毛が増えたように感じるという方も多いでしょう。

抜け毛や薄毛が気になると、頭皮マッサージなど外側から、ケアを行う方が大半です。
もちろんマッサージや育毛剤などで、ケアを行うと頭皮の環境を整え、髪が生えやすくなります。

しかし、外側からだけでなく体の内側からも、ケアを行う事でより抜け毛予防の効果を得る事が出来るのです。
抜け毛予防に効果的と言われている栄養素は、数多くありますが、その中でも特に有効なのがビタミンEです。

このビタミンは別名「若返りビタミン」と言われており、アンチエイジングや美肌作りにもお勧めとなっています。

抜け毛が増えてしまう原因の1つに、頭皮の血行不良が挙げられます。
頭皮の血行が悪いと毛根部分に、十分な酸素と栄養素が行き渡らず、丈夫な髪を育てにくいのです。

ビタミンEは血行を改善する効果がある為、抜け毛予防に効果的と言われています。
また血行改善だけでなく、皮膚などの新陳代謝をアップする作用もあるので、頭皮の環境を整える事にも繋がります。

この他にも頭皮細胞を壊す、過酸化脂質の生成を抑える作用もあるのが特徴です。

抜け毛が気になる方は、ビタミンEを意識して摂取してみましょう。
ナッツ類や玄米、黒ゴマやカボチャなどに多く含まれています。

育毛成分L-システインを含む食材とまつげの関係

2014/12/16

他人から見た外見の印象には目元が大きく関わっているため、特に若い女性には目を大きく見せるためなどの理由から、まつ毛エクステやマスカラなどを使ってまつ毛を長く太く見せたいという人がたくさんいます。まつ毛エクステなどをしっかりと装着するため、またそれらを装着しなくても魅力的なまつ毛を育てるためには、自分自身のまつ毛が健康であることが大切です。まつ毛が健康でなければ、まつ毛エクステやビューラーなどを使うと抜けやすくなってしまうからです。
まつ毛の主な成分は髪の毛と同様にケラチンなので、ケラチン生成の効果を持つ食材を置く取ることで、健康で豊かなまつ毛を育てることができます。ケラチン生成の効果を持つ成分としては、必須アミノ酸の一つで育毛成分のL-システインがその代表的なものとして挙げられます。このL-システインはストレスや生活習慣の乱れ、過度の飲酒などにより大量に消費されてしまうので、これを多くを含む食材を取り入れるなどの方法で補給する必要があります。L-システインを多く含む食材にはニンニクや小麦胚芽、大豆などで、それらを上手に料理に取り入れることでまつ毛を健康的に成長させることができます。さらに睡眠を十分に取ることも、健康で美しいもつ毛を育てるには重要です。

まつげの成長と睡眠の関係

2014/12/16

私たち女性は、自分の見た目を美しく見せるために、様々な努力を行いますが、中でも最も重要なものがメイクアップで、毎朝時間をかけて、数えきれないほどのアイテムを使いながら、自分が出来うる限りの技術を駆使し、仕上げていっている女性も少なくはありません。メイクの中でも最も時間がかかるパーツといえばやはり目元で、アイメイクの出来不出来が、その日のメイクの仕上がりを大きく左右するといっても過言ではありません。私たち日本人は、比較的小さな目にコンプレックスを抱いている方も多く、出来るだけ目を大きく見せることを重要視するため、いろいろなアイテムを使っているようですが、こういった目元強調メイクが、大切なまつげを傷めてしまっていることも多く、目を大きく見せるために欠かせないまつげをぼろぼろにしてしまっている方も少なくはないようです。この傷んでしまったまつげをケアしようと、専用の美容液を使っていらっしゃる方も多いようで、次々と新しい美容液が登場しています。いつ塗れば良いか、が気になることのようですが、睡眠時に伸ばす効果がより上がるので、寝る前にメイクを落としスキンケアを行う時に、美容液も塗るように習慣付けてみましょう。

まつげの先端をちょこっと切る事で得られる効果

2014/12/16

長く魅力的なまつげにしたい時、手軽な方法として有名なのが、まつげの先端をちょこっと切るという方法です。
まつげには目を保護するという働きがあり、その長さが足りなくなれば、体がそれを察知し、目を守る為にまつげをのばそうとする働きがある事によるものとされています。
実際に、切った事で伸びたと感じる人はいますが、伸びなかったと感じる人も多く、人によって合う、合わないがある方法です。
ただ、この方法に関しては、違う説もあります。
本来、まつげというのは、先に向かって細い状態のものです。
その先の方を切れば、本来の先の細さが失われ、太くしっかりとした断面が目立つ事になります。
その状態から、まつげが本来の成長を続けると、従来よりもしっかりとした毛が生えているように見え、まつげが濃くしっかりとした状態になったように感じるというものです。
見た目のボリュームを増やしたいと考えた場合、良い方法とも言えますが、カットした断面が刺さる感じがして気になるという人は少なくありません。
本当に綺麗にながいまつげにしたいと考えたら、まつげ美容液などを使う事がお勧めです。
まつげ美容液を使う事で、自然な印象の、長いまつげを育てる事ができます。

馬油をまつげに塗る事で得られる効果

2014/12/16

世の中の化粧品の中には、昔からずっと愛されているロングセラーの逸品が数多く存在します。
そして、馬油もそんなロングセラー化粧品の中のひとつです。
この化粧品のとても優れている点は、様々な使用方法があり、そのどの方法で使っても優れた効果を発揮してくれる点にあります。
洗顔後すぐのお肌につければブースターをしての役割をしてくれ、その後使用する化粧品の浸透を手助けしてくれます。
また、もちろん馬油もれっきとしたオイルですからスキンケアの最後の蓋としての役割もしっかりとしてくれます。
口中無害なので、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の方が使えるのもとても嬉しい点ですよね。
そして、女性にとってはさらに嬉しい使い方ができるのがこの馬油です。
じつは、これには血行を促進してくれる効果もあるので、毛髪などの育成効果も高いのです。
つまり、抜け毛が気になる女性はオイルマッサージをすることで抜け毛が良くなるという効果も期待できます。
そして、この育毛効果はまつげにも嬉しい効果をもたらします。
まつげにつけることでまつげにハリとコシを与えるとともに、抜けにくく健やかなまつげの育成ができますので、まつげにお悩みを抱えている方は是非使ってみてください。

リンスをまつげに使う事で得られる効果

2014/12/16

女性にとって太く長く健康的なまつげは憧れでもあります。つけまつげをつけたり、まつげのエクステをしてみたりとまつげを綺麗に見せようとたくさんの努力をしているでしょう。自分のまつげ自体をきれいにさせるケアにも注目が集まっていますが、いま女子中高生の間で話題になっているのが、リンスをまつげに使うという方法です。効果としてはまつげがのびるといわれていて、実際に試してみた人たちの中には、効果を感じるひとたちもいるようです。まつげをのばすには、まず毛の状態を健康にしなければなりません。毛にとって大事なのは保湿をしっかりとして、生え変わる毛に栄養分を与えることです。リンスには毛を保湿したり、健康に保つ成分が含まれているため、髪の毛だけでなくまつげにも効果があるのでしょう。しかし、まつげにリンスをつけるときに目に入ってしまう恐れがあったり、敏感な目元に使うことで、肌に影響が出て赤く腫れてしまう危険性もあるので、あまり良い方法とはいえません。まつげケアには専用のトリートメントや美容液などがあるので、そういったもの専門的に作られたものを使うほうが良いでしょう。しっかりとしたケアを行うことで、トラブルなくきれいなまつげを手に入れましょう。

ワセリンをまつげに塗る事で得られる効果

2014/12/16

まつげの傷みなどを改善するためには保湿が大切です。そのため、まつげの傷みを改善するために、リップクリームや手荒れなどのハンドクリームなどに含まれてるワセリンを塗ることは有効です。傷んでしまっているまつげにワセリンを塗ることによって乾燥を防ぐことができますし、高い保湿効果も期待できます。しかし、人によっては肌に合わない場合があるのでまつげに塗る前にほかの場所でテストをしてみたり、目の周りなどにあまりつかないようにするなどの注意が必要です。そして、まつげに塗る量が多かったり汗などと一緒になってしまうこともかゆみなどを引き起こす原因になってしまう可能性があります。そのため、季節や場所などによってまつげの塗る量を少なくしたり、場合によっては使用を控えたりすることも必要です。そして、ワセリンの種類や指などを使って安易に塗ってしまうと、目などに雑菌が入ってしまったり、炎症などを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、まつげに塗る際にはまつげ専用のものを使用することや安易に指などを使うのではなく、清潔な綿棒などを使って雑菌が入らないようにすることや塗る際にも目に入らないようにするなどの注意が必要です。

リップクリームをまつげに使用する場合

2014/12/16

リップクリームをまつ毛に塗るとまつ毛が伸びる、という話がありますが、本当なのでしょうか。
実は他にもワセリンや馬油、シアバターやスキンクリーム、あるいはヘアリンスなどでも伸びたという話があります。共通していえるのはうるおいと栄養が与えられるということで、そういう意味ではまつ毛に良いとはいえるでしょう。これらのものには育毛成分は入っていませんが、まぶたやまつ毛にうるおいや栄養を与えることで、まつ毛が濃くなったりつやが出たりするということは十分考えられます。
ただし、リップクリームには目に刺激となる成分も入っていますし、粘度の高い油分を使っているため万が一目に入ってしまった場合には洗い流しにくいので注意が必要です。特に薬用のものやメントールを配合したものは絶対に使ってはいけません。目に入ると大変強い痛みがありますし、刺激の強いものではまぶたが腫れてしまうこともあります。
その点、まつ毛美容液はまつ毛のために考えられた成分が配合されていますし、瞳にも刺激がないよう配慮されていますから安心です。どうしてもリップクリームを使うというのであれば、低刺激のものを使い目に入らないよう細心の注意を払うよう心がけましょう。

まつげ美容液の使い方

2014/12/16

まつ毛が細かったり短かったりすることで、マスカラやつけまつ毛、エクステンションなどを使用する人も多いですが、それらはまつ毛に負担をかけダメージを与えてしまうものです。

そんなダメージを受けてしまったまつ毛をイキイキとさせる効果があるのが「まつげ美容液」です。まつ毛の育毛効果を高め、まつ毛が増えたり太く長くなることでまつ毛の悩みを改善できたり、マスカラやつけまつ毛などでダメージを受けやすいまつ毛を保護してくれる役割のある「まつげ美容液」も多くあるため上手に使っていきましょう。

「まつげ美容液」を洗顔後に朝と晩につけることで育毛効果を高めたり、マスカラを塗る前やつけまつ毛を付ける前などに使用することで、ダメージが受けにくくなるためまつ毛が抜けたり切れたりするのを予防することもできます。

中にはマスカラを付けた状態でも使用できるものもあるため、メイクする時間が長い人は自分の状況に合ったものを使うことでまつ毛の保護役割を高めることができるでしょう。

1本1本のまつ毛がしっかりすることで、まつ毛が伸びたりボリュームアップを感じることができ、自然なまつ毛を実感できるようになるでしょう。

マスカラなどを使用していなくても年齢を重ねると共に、まつ毛は弱ってきてしまうため、まつ毛が長い人でもまつ毛ケアを行っておくと加齢によるまつ毛抜けを予防することもできるでしょう。